平成261111
 

お客様各位
    

運賃の過剰収受に関するお詫びとお知らせ
     
  株式会社じょうてつ  
     
     
   平素より、弊社バスをご利用いただき誠にありがとうございます。
 平成26年101日~平成26年1031日の間、特定のICカード乗車券を利用して地下鉄から弊社バスへ乗り継ぎ乗車いただいた一部のお客様から、1件あたり10円の運賃を過剰に収受していたことが判明しました。
 お客様に大変ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。
 つきましては、該当のお客様に対しまして、過剰収受分の返金手続きを取らせていただきます。

 なお、弊社バスから地下鉄に乗り継ぎ乗車した場合には該当いたしません。
 また、平成26年11月1日からは、適正な運賃を収受しております。
 詳細につきましては、以下のとおりです。

                  記

1.概要

(1)対象期間
平成26年10月1日から平成26年10月31日
(2)対象となるお客様
①こども用ICカード乗車券
(こども用のSAPICA、Kitaca、Suica、PASMO)
②福祉割引SAPICA大人用
③福祉割引SAPICAこども用
上記①から③のICカード乗車券で地下鉄から弊社バスに乗り継ぎ乗車をされ、かつ乗り継ぎ割引運賃が適用となったお客様。
※バス乗り継ぎ前の地下鉄乗車区間が1区および4区の場合は対象外。
※③福祉割引SAPICAこども用でバス乗り継ぎ前の地下鉄乗車区間が5区の場合は対象外。
※地下鉄の区数につきましては、札幌市交通局の地下鉄区数表をご参照ください。(地下鉄区数表はこちら:札幌市公式ホームページに移動します。)
(3)該当例(こども用ICカード乗車券を利用し、以下の区間を乗車した場合)
さっぽろ⇒地下鉄⇒真駒内駅⇒じょうてつバス⇒簾舞
正:地下鉄150円(3区/こども運賃)
   バス140円(こども運賃190円-乗継割引額50円)
   合計290円
誤:地下鉄150円(3区/こども運賃)
   バス150円(こども運賃190円-乗継割引額40円)
   合計300円(差額10円)
(4)内容
平成26年10月1日より、札幌市交通局(地下鉄)の運賃改定に伴い、乗り継ぎ割引額が一部変更になりましたが、弊社バスICカード車載機器において割引金額情報が更新されておりませんでした。その結果、ICカード乗車券を利用して、地下鉄から弊社バスへ乗り継ぎ乗車いただいた一部のお客様から、運賃を過剰に収受しておりました。

(5)原因

弊社バスICカード乗車券システムにおける運賃データ設定ミスのため。
(6)その他
平成26年10月1日から平成26年10月31日の間、前記「1.(2)①~③」のICカード乗車券で地下鉄乗車区間4区から弊社バスに乗り継ぎ乗車いただいたお客様につきましては、運賃を過少に収受しておりました。平成26年11月1日からは適正に運賃を収受しておりますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
【地下鉄4区とバスとの乗り継ぎ時の割引額について】
誤(割引額変更前)  正(割引額変更後)
①②でご乗車のお客様  50円 40円
③でご乗車のお客様 30円 20円
※割引額が減額となったため、バスでの引き去り額が10円多くなりました。
※弊社バスから地下鉄に乗り継ぎ乗車した場合は、平成26年10月1日より適正に運賃を収受しております。

2.お客様への対応

ICカード運営会社各社と調整の上、連絡先が確認できましたお客様につきましては、弊社より直接ご連絡を差し上げまして、返金の対応をさせていただきます。
連絡先が確認できなかったお客様へは、お申し出があり次第、誠意を持って返金対応させていただきます。

3. 再発防止策

(1)従業員に対して適正に運賃を収受することの重要性を深く認識するよう再教育します。
(2)今後、運賃データの設定時は、適正に運賃データが設定されていることを確認するチェック体制を強化します。

4.お問い合わせ先

株式会社じょうてつ自動車事業部
フリーダイヤル:0120-109-004
(平日9時30分~18時00分まで)

 

以 上